能 書 き


 このホームページは、夫婦で作ってます。

 デジカメで、あっちゃこっちゃのねこを撮りまくろうと思っているんですけど、なかなか難しいものですね。




Aug 02.2016


 カメラ買いました! って、またかよ。という感じですが。

 買ったのはこりもせずにオリンパスで、E-PL7ボディだけ。

 レンズは…………SKY90、天体望遠鏡ですね。だって、基本的に星撮り用に買ったモノですから。

 といいつつ、それじゃ情けないんで、A01用に買った、14-42mmのズームレンズをつけてます。

 

ホワイトボディのE-PL7。本当は赤ボディが欲しかったんだけどなぁ。 
カラーバリエーションが黒・銀・白しかなかったもので。 
バックのケバケバしたのは、気にしないでくださいませ。 



 そのオリンパスA01。とっても気に入ってるんですけどねぇ。

 小さいし、軽いし、余計なもの(手ぶれ補正、画像処理、超音波防塵装置←これはいるかな、などなど)は付いてないし。

 でも、星が撮れない。いや、強引には撮ってましたが、やっぱり、思うようは撮れないんですよね。

 原因は、露出時間。前にも書きましたが、感度を上げると露出時間が最大で1/4秒。

 こんなんで星が撮れるモノかい! 撮りましたが(>_<) それも、けっこう楽しんでいたりしてますが。

 でも、やっぱり、もっと露出時間をかけて撮りたい。できれば10秒くらいは……、って、その程度の露出時間じゃ、本物の星撮りオヤジどもには笑われますが。

 ということで、結局、普通のカメラを買い足ししてしまいました。

 本当は今年発売のE-PL8をかう予定だったんですけどね……本当に出るなら……。たぶん熊本の地震で、カメラメーカー各社、部品の調達がままならず、新製品発売の予定が大幅に狂っちゃっているみたいです、これは、私の勝手な予測ですけどね。

 E-PL3からするとE-PL7もいろいろ進化しているようですね。

 アートフィルターの充実とか(いらん)、モニターを正面から見られるようにして自分撮り可能とか(これもいらん)、強力な手ぶれ補正機構だとか(これもあまり必要としないなぁ)、スマートフォンでのリモコン機能とか(イマイチ使いにくい)……。

 そんなことより、余計な機能を絞ってカメラ本来の性能をアップして欲しいですよねぇ……星撮り用に……って、ムリか。

 少なくとも、せっかく軽量コンパクトが売りのミラーレスなんだから、重量アップだけは勘弁して欲しい。望遠鏡に取り付けると、望遠鏡の筐体がたわんじゃうんですよねぇ。

 と、せっかく新しいカメラを買っても、文句ばっかり。

 まあ、とりあえずこのカメラをひっさげて星を撮りに行きましょう。

 なお、星撮り用といいつつ、買ってから2週間ほど経ちますが、撮ったのは ねこ写真ばかり。

 だって、A01じゃ、うちの奥さんが撮りにくいいうモノで…………(^^ゞ




Mar 16.2016

 またまた、懲りずに星の話題です(^^ゞ

 そういえば、春に星を見るっていうことは、ほとんどしてません。やはり、天気が悪い。晴れても、あまり透明度がよくない。あまり見ないモノだから、なにが見えるかよく知らない(^^;)

 でも、春霞で星がよく見えないっていっても、冬の一番透明度がいい頃だって2等星がやっとというんだから、春だってちょいと晴れたら見て見いいじゃないか。ま、いいんですけどね。

 そう思っていると、意外と晴れる日があるもので、それならばと望遠鏡などをベランダに出して……、さてなにを見よう。といいつつ、やっぱりなにを見たらいいのか、わからない。

 ということで、星図(ステラナビゲータ)と相談したら、うーーーん、やっばりない! \(--;) でも、春の星座なんていうのを探すから、明るい星雲星団がないんで、夏の星座を見れば……といっても、まだまだ登ってこない。

 けど、そういえば、よく知っているけど、しかも明るいっていうことを知っているけど、見たことのないのが……。 M13 ペルセウス座の球状星団!

 見てみました。もちろん、いつもの タカハシ製SKY90で。

 これもいつものことながら、2等星がやっとという空で、星を探すのは難航を極めます。

 望遠鏡で見える星と、星図とを比較しつつ、ズルズル視野を動かすと……、あれかな? あれだな? たぶんね。

 じゃ、傍若無人に、写真を撮ってみよう( ^o^)ノ っていうことで、これまたいつものようにオリンパス A01 で、ISO 12400、露出 1/4秒。10枚撮って、コンポジット(写真の重ね合わせ)……と思ったら、風が強いんで星像がぶれていて、6枚くらいしかコンポジットには使えませんでしたが。

 1枚1枚の写真には、M13、映っているんだかなんだかわからないのですが、コンポジット画像を見てみると! おお、映ってるじゃん (^o^ )

 気をよくして、M57こと座の環状星雲も……、と思ったんですが、まだまだ、高く上がってこないしムリでした。

 なーーんていうことも忘れ、数週間経って、テレビで○日は火星の大接近の日です、なんていう話を聞き。今更ながら、そうだったなぁと星図を見直すと、おや、火星だけじゃなくって、木星も土星も見頃なんですねぇ。

 それではとばかりに、晴れた日にまた望遠鏡を引っ張り出して見たんですけど……。もちろん、見えるんですけどね。どうも、火星なんか小さくて物足りない。直径90mmのレンズの望遠鏡では140倍であれば適正倍率なんですけど、できれば無茶して、300倍程度にしたいなぁ。

 でも、タカハシ製の純正エクステンダーは4万円もするしなぁ。じゃ、新しくアイピースを買って、倍率をUPをはかろうか。なーーーんて、あちこち探っていたら! 昔懐かし、バーローレンズなんていうモノがある。

 こんなモノ買ったら、星仲間に失笑を食らうだろうなぁ。でも、ネットの評価でも、「まあ、そこそこ」だし。それに4千円程度だもん、ということで、ポチッとしてしまいました。

 http://www.vixen.co.jp/product/at/acc/390700.htm   (^^)v

 バーローレンズ、なかなかいいです。チャンと拡大してくれます。それよりも何よりも、一番後段にM42 0.75ピッチのTリング用ネジが切ってあり、その後ろにカメラを取り付けられるようになっているんですね。

 つまり、望遠鏡の焦点距離を2倍くらいにして星の撮影ができるというわけです。…………星像は別にして。

 でも、星像が悪くなるのは、画像の中心から離れたところですからね。そこで、画角の狭く、画像が悪くなる周辺部がないマイクロフォーサーズカメラ! という言い方はおかしいですが……(^^;)

 ということで、実際に撮った、M13と木星の画像です。


 

SKY90使用  ISO 12800 1/4秒露出 
M13のコンポジットの画像。なんとなくボワーーッと 

ISO400 1/60秒露出 F500mm に2倍バーローレンズ使用 
なおかつ! 掟破りのデジタル3倍ズーム。でも、縞が映りました(^^;) 


 木星を撮った日、風が強かったためか火星面の模様が見えませんでした。また、土星は高度が低かったので、また今度、ということで、撮りませんでした。いってみれば試し撮りという程度だったものですからねぇ。

 この次は火星も撮って、木星も3倍ズームも撮ろう、土星もカッシーニの空隙が映るかどうか……なんて思っていたんですが。

 ま、梅雨入りだそうで ( ^o^)ノ



Mar 16.2016

 前回、いろいろとごちゃごちゃした内容を書きましたが、結局、私が思ったような告知がなされたようです。 なんでだろ(゜_゜;) 私が文句、いったからかしら。

 だって、@niftyの案内のとおり移転を実行した当初は、いままでのサイトのトップページが残ってて、そこから新しい先に飛ぶんだけど、トップページから飛べないんで不安になったんですけどね。

 で、翌日、元のページをのぞいてみたら、元のトップページもなにもなくなってて、「自動的に移転先に飛びます。」という告知で、こちらに来られるようになってましたからね。

 ま、そういうことで、特に問題はなくなったわけです。

 ということは、@niftyさんがちゃんと始末してくれたんでしょうね。

 @niftyさん、これからもよろしく。つまり、これからも無料のまま、よろしくです……( ^o^)ノ




Mar 01.2016

 ハアハア、ゼエゼエ。

 とりあえずなんとか、ホームページの移転、完了しました。

 無事……とは、いえませんですけどねぇ。

 本当は、前のアドレスのトップページに、移転先のご案内を載せたかったのですが……。

 それまで、もうちょっと先でいかなぁ……面倒くさいしなあ……バキッ!!☆\(--;) なんて思っていたのが、突如思い立って、移転しちゃったモノですから……。

 今回のホームページ移転ですが、@nifty側で移転のためのやり方を用意していいるので、それに則って行えばいいとのことでした。

 でもなぁ、なにしろ @nifty だからなぁ。

 以前からそうでしたが、@niftyの説明って、ものすごくわかりにくいんです。なにか新しい契約をしようとすると、ものすごくわかりにくい。まして、それを解約しするなんて、そうはさせるモノかというような、説明ぶり。もちろん、ネット上に載っている @nifty の説明のことですが。

 私自身、 @nifty 一悶着をしたことがあります。ま、そのときは、 @nifty 側の理解があり、事なきを得ましたが。

 ところがというか、なんというか。ビックリしたことに、今回の移転プログラムはとても簡単で、始めたらスルスルと進んで本当に短い時間ですみました。 \(--;)……が、そこに落とし穴があったのです。

 @niftyによると、移転の際に「移転通知機能の設定」というモノがあるんですが、移転を完了した今でも、それがどういうモノかよく分からないんです。

 移転した先であるここに来られた方は、おそらくトップページで各コンテンツにリンクしているところをクリックしてこられたと思いますが、その機能が「移転通知機能の設定」なのか。

 私としては、やはりトップページの先頭付近に移転告知と移転先URLがあって、そこからリンクしてこちらに来られるというモノだと思うのですが……。でないと、皆さん戸惑いますよねぇ。私自身が、移転を完了して、もとのサイトからどうやって行くのか、まったく気がつかなかったくらいですから……(--;)

 ま、そんな内輪のことはどうでもよくって……。

 ここまでたどり着いて、おつきあいいただけた皆様、これからもよろしくお願いいたします。


 これからは、気合いを入れて、これまで以上にクダラナーーイ内容をお届けいたします…………バキッ!!☆/(x_x)



Feb 16.2016

お知らせ!

 トップページにも書きましたが、こちら「ねこだらけのホームページ」のアドレスが変わります。

 先日、このホームページを置いているプロバイダ@niftyから「@homepage サービス終了のお知らせ」メールが来まして、「「@niftyホームページサービス」とサービスを一本化する」ということだそうです。そんなもんあったんだぁ……。

 この「ねこだらけのホームページ」は、当初、インターネットの老舗「BEKKOAME」というプロバイダに置いていました。しかし、インターネットのホームページサイトもだんだん多くなってきて、いつまにやら、この「BEKKOAME」のサイトにはイヤラシ系のモノが多くなってしまってました。さすがに、そこにいるのは恥ずかしくなってニフティに移行したという経緯があります。

 それ以来、いままでだらだらと続けてきたわけです(^^;)

 さて、そんなことはどうでもよくって。

 ホームページを移すということはどういうことか。……、と考えるのですが、どうしたらいいか、今の時点でよくわかってません (^^ゞ

 ということで、少々お時間をいただいて、ちょっと研究してから移行しようと思ってます。

 基本的には、こちらのサイトをそっくりそのまま移すことを考えてます。

 簡単だとはもいますが、実際にどうやるか。もちろん、@niftyにはどうやればいいとは書いてあります。それがそのままできるのか、どうなのか、ちゃんとできるか、どうなのか。ちょっと心配なモノなので。

 つまり、ああ、面倒くさいなぁ…………ということなので……バキッ!!☆/(x_x)

 また、@niftyによると本年の9月までに移行せよということですが、さすがにそんなにゆっくりするつもりはありませんです。

 できれば今月中、遅くとも来月には移行したいなぁ……と思っています。

 もちろん、移行後も2018年3月まで(長いなぁ)移転通知が表示できるということなので、皆様もゆっくりと移転していただければと思います。

 え、もういいってぇ。止めちゃえってぇ。いつも内容が変わらんし、いらないってぇ( ^o^)ノ

 そういう手も考えたんですけど、ま、当方、ヒマなモノで……。

 皆様も、通常毎月2回、数分程度の暇つぶしにおつきあいください m(^^)m

 トップページにも書きましたが、こちら「ねこだらけのホームページ」のアドレスが変わります。

 先日、このホームページを置いているプロバイダ@niftyから「@homepage サービス終了のお知らせ」メールが来まして、「「@niftyホームページサービス」とサービスを一本化する」ということだそうです。そんなもんあったんだぁ……。

 この「ねこだらけのホームページ」は、当初、インターネットの老舗「BEKKOAME」というプロバイダに置いていました。しかし、インターネットのホームページサイトもだんだん多くなってきて、いつまにやら、この「BEKKOAME」のサイトにはイヤラシ系のモノが多くなってしまってました。さすがに、そこにいるのは恥ずかしくなってニフティに移行したという経緯があります。

 それ以来、いままでだらだらと続けてきたわけです(^^;)

 さて、そんなことはどうでもよくって。

 ホームページを移すということはどういうことか。……、と考えるのですが、どうしたらいいか、今の時点でよくわかってません (^^ゞ

 ということで、少々お時間をいただいて、ちょっと研究してから移行しようと思ってます。

 基本的には、こちらのサイトをそっくりそのまま移すことを考えてます。

 簡単だとはもいますが、実際にどうやるか。もちろん、@niftyにはどうやればいいとは書いてあります。それがそのままできるのか、どうなのか、ちゃんとできるか、どうなのか。ちょっと心配なモノなので。

 つまり、ああ、面倒くさいなぁ…………ということなので……バキッ!!☆/(x_x)

 また、@niftyによると本年の9月までに移行せよということですが、さすがにそんなにゆっくりするつもりはありませんです。

 できれば今月中、遅くとも来月には移行したいなぁ……と思っています。

 もちろん、移行後も2018年3月まで(長いなぁ)移転通知が表示できるということなので、皆様もゆっくりと移転していただければと思います。

 え、もういいってぇ。止めちゃえってぇ。いつも内容が変わらんし、いらないってぇ( ^o^)ノ

 そういう手も考えたんですけど、ま、当方、ヒマなモノで……。

 皆様も、通常毎月2回、数分程度の暇つぶしにおつきあいください m(^^)m



Jan 01.2016

           交換レンズ買いました。

 前回の書き込みで、星の写真を撮るのに新しいカメラが欲しいなぁ……OlympusのE-PL7もいいけど、SONYのα7sなんていうのが魅力的だなぁ……、なんて書いたんですけど。

 そんなことを書いたら、新しいカメラますます欲しくなって、あちこちのカメラサイトを覗き、価格COMを見、カメラ量販店で現物を確かめ、ヤフオクまで眺めてしまう始末となり。

 でもねぇ、α7sは高いしデカいし、やっぱりE-PL7がいいとこかななんて思うことしきりでしたが。

 E-PL7を購入となると、これまでのE-PL3がいらなくなる。じゃ、レンズも新調しちゃうのか、けどそれはもったいないし……。

 なんて、本当に買うかどうかもわからないまま、妄想が膨らみ、レンズのことまでが心配になり……(^^;)

 E-PL3はダブルズームモデルで14-40mmと40-150mmのレンズがあり、さらにA01はコンパクト仕様の14-40mmEZがついている。

 E-PL7を買うぞ! なんてなれば、当然レンズなしのボディだけを買えばいいんだよなぁ。じゃ、E-PL3はどうしよう。まあ、どうせE-PL7だろうがα7sだろうが、ほとんど星専用なんだから、ねこ写真及び一般写真用のA01には14-40mmEZと150mm程度の単焦点レンズなんていうのでいいんじゃないかなぁ。

 でもねぇ、単焦点レンズのちょうどいいのなんてそうあるわけではなく……。なんて、さらに妄想が膨らみ。

 なおかつ、ねこ撮りや遊びに行った先の風景を撮るときには、14-40mmのような標準ズームじゃ足らなくなるけど。だけど、望遠レンズに交換するっていうパターンが意外と面倒で、14-40mmでごまかしちゃうということがけっこうあるんですよね。

 で、見つけた(というほどではないですが)のが14-150mmのレンズ。

 これはほぼ同じ仕様でマイクロフォーサーズ用にオリンパスからとタムロンからも出てるんですね。

 私自身、タムロンのレンズはフィルムカメラ時代に2個程購入していて、お気に入りのメーカーでもありました。

 じゃあ、これでいいじゃん! ……って、なにがだっ!!

 …………ふと、ここのE-PL3を購入した頃の書き込みを見ると、「無駄遣いはいけない!」なんて書いてあるのに。

 という戒めにも懲りず、またまたカメラ量販店へレンズ見学に行って、タムロン14-150mmレンズとオリンパスのを見比べたら……。

 オリンパスの方がちょっと細い、ちょっと軽い。カメラ売り場で陳列してあるE-PL7にオリンパスの14-150mmを取り付けて見せてもらったら。カメラモニターを見ただけですが、「あ、なかなかいいじゃん」と、中央はもちろん周辺のピントもしっかり合っていて、むかーーしのオートフォーカスズームのイメージはなくなっていました。

 ちなみに、その大昔、私の知り合いの大手カメラメーカーでレンズ設計をしている人の弁で、私の耳に残っているのが、「オートフォーカスでズームなんか、ピントが合うわけない」(^^;)

 それが、今回はこともあろうに10倍(以上の)ズームレンズで、それでもすばらしいもの。いや、技術は進歩してるんですねぇ。

 とはいうものの、「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II(長いよ)」を手にして……。

 やっぱり先立つものが……ねぇ。

 なーーーんて悩んだのもつかの間、我が物欲にはかなわず、購入の運びとなってしまいました。

 さっそくE-PL3を売り飛ばし……\(--;)。買い取ってもらったのは、カメラを見に行ったところとは別の量販店でですが、意外なお値段で売れました。

 実はE-PL3の前に持っていたE-PL1sも同じように量販店で売却したのですが、ホコリがついていたということで数千円安い値段になり、ちょっとムッとしたことがありました。

 今回は、そのときの教訓を生かし、カメラ本体は指紋が残らないくらいに拭き、レンズはブロワーでホコリを吹き飛ばし、買ったときの箱にキレイに詰め直して査定に持ち込んだのです。

 それがきいたのかどうかわかりませんが、ちょっと満足いくくらいのお値段でした。

 さて、購入した14-150mmレンズ。使い方としては、A01の14-40mmは普段用として、14-150mmはなにか気合いを入れて撮る時用かなと思っていたのですが。

 いったんA01に装着してみたら、なかなかいい具合じゃないですか(^^)v

 そう、私は常に気合いを入れて写真を撮るのです……(ホントカ?) ということになり、ほぼ、着けッパ!

 気合いを入れて、ねこを撮ってますです(・_・)キリッ

 ただ、試し撮りしたところ、1つだけ問題が。ちょっと遠くにいるねこでも150mmという望遠を手間もかけずに使えるものなんで、気がつくと何でもかんでも、しっかりと拡大して撮ってしまっている。これ、いいようであまりいいことでないのですよねぇ。周辺の景色なども含めて撮したいときもあるのにねぇ。

 やっぱり、道具は使い用を考えないといけませんねぇ。

 

さすがにA01より大きいけど、けっこう小ぶりなレンズです。 
ただ、この三脚だと前が重く、この角度でないとコケてしまいます。 

150mmにすると…………、ちょっと無粋。 
40-150mmも同じようだったけど、オサレじゃない。 


 

ついでに、カメラケース。なんのことはない、 
100キンで売ってたペットボトル入れ。Just fitでしょ(^^)/ 




Dec 16.2015

           Olympus Air A01 で 星を撮る

  スペック的には、ISO感度最大12800、シャッター速度は最長 4秒と、ちょっと弱めのモノですが、これでものすごい天体写真を撮ろうというのではないので、なんとかなるんじゃないかなぁと思っていたわけです。

  しかも、なにしろ軽くて、小さいので、私の貧弱な撮影機材にはうってつけではないかと思っていたわけです。

  過去形…………(--;)

  さらに!

  最近は(いや、だいぶ前からですが)デジカメ画像を重ね合わせる画像処理ソフトがるんですね。アストロアーツ社製ののステライメージ。

 これを使えば、私の撮る貧弱な星の写真だって豪華に見せる……いや、ちょっとだけ……マシにかもしれません。

 いろいろいじって、なにかおもしろいことができるのではと期待して、やってみました。

 本来なら星のよく見える山の上などに行って撮影すればいいのですが、なにしろ、ずぼらな私(^^ゞ とりあえず、我が家のベランダ観測所で試し撮りにしました。

 ちなみに、我が家から見える星空というのは、お世辞にも美しいといえるものではないです。むしろ、こんなところで星の写真を撮るのは 「アホかっ!」といわれてもおかしくないのです。

 さて、11月の初旬、ちょっと天気のいい日があり、月齢も小さい頃だったので、それではと、昼間のうちから準備を始めたのですが。

 そこで判明したことが、なんと!

 シャッター速度4秒は、ISO 12800では設定できないんです。

 え、そんな。なにかの間違い? 私の設定の仕方がおかしい?

 ところがよく調べたら、いやカタログにも、オリンパスのサイトにも書いてなく、現物を手にしていろいろやってみてわかったことですが、シャッター速度と設定できるISO感度の関係は、以下のとおりだったのです。

      シャッター速度  1/4以下 → 1/2 → 1 →  2 →  4秒

      ISO感度      12800  1600  800  400  200

 つまり、星を撮るための常用ISO感度である3200でも、シャッター速度は1/4秒しか設定できない…………\(--;) 悲しいっす。

 …………と、ここで気を取り直して、ちょっと計算。

 フィルムカメラの時代の常識。

 星の写真を撮るのに固定撮影では、星が日周運動で流れないようにて写ってしまう。そのため、流れて写らないように、つまり星が点像で写る限界が50mmの標準レンズでは露出時間は15秒程度とされていました。

 ま、星が完全な点に写らなくても、ガマンするということも入って……ということですけどね。

 なにを計算したかというと、焦点距離500mmの私の主力望遠鏡で星を点像に撮る場合、

  50mmレンズ   15秒    で撮って、よしとしていたんだから、

  500mm     1/4秒    で撮るなら

   ↑       ↑

   10倍     1/60倍

  10 × 1/60 = 1/6         ……と。

 つまり無理矢理の度合いが 1/6しかないということ。十分な余裕がありますねぇ。

 しかも、当時は、フィルムの感度が最大ISO 3200でしたが、今回は ISO 12800。

 さらに4倍もの余裕。

 楽勝じゃーーん( ^o^)ノ

 ……と、そうはうまくはいかないでしょうが、ま、やってみればいいんですよね。

 で、望遠鏡にA01をセットした状況が、次のとおり。

 

赤道儀はいらない、三脚すらカメラ用。 
だって1/4秒なら。って、ちょっと悲しいですけど。 

とはいうものの、このカメラの小ささ、このお手軽さ。 
私の持論。軽量は全てを助ける ヘ(^o^)/ 


 我が家のベランダに機材を引き釣りだして、暗くなるのを待つ。

 撮影対象は、M45! 昴ですね。これなら、我が家の住んでいる明るい夜空でも肉眼だ見えるし。

 21時頃。……、あれ? 昼間、天気がよかったのに一等星くらいしか見えない。…………ということで、一応は撮ってみましたが、あまりにお粗末なので、このときはあきらめました。

 12月のはじめ、再びチャレンジ。このときは、11月の時よりも、もうちょっとましな状態。

 今度は、オリオン星雲 M42も東の空に上がってきたので、これも撮ろうかなと。


 まずはM45。

 こんな撮り方で、どれだけくらい星が写るものでしょうか。

 予想としては、せいぜい6等級、うまくいって8等級くらいかなと思ってました。ところが……。

 撮影した星の等級を調べたのが、やはり天文ソフト アストロアーツ社製のステラナビゲータ。天文シミュレーションソフトで、プラネタリウム ソフトというべきでしょうか。

 これが! 意外と暗い星まで写っているんですね。ステラナビゲータだと9等級の星までしか確認できません。それが、コンポジット前の写真でも、明らかに多くの星が写っていました。

 ううむ、実際に何等級まで写せたのか、知りたいですねぇ。


 

ISO 12800 1/4秒露出 
M45のコンポジット前の画像。これを20枚撮りました。 

20枚の画像をコンポジットしたもの。 
星が大きく写ってる? いや、暗い星が写ってるとみてください。 


 次にM42 オリオン星雲。

 こちらは、明るいとはいえ広がった星雲がどの程度写るモノなのか、それと発色を見たいな。

 ということで、撮ってみましたが……。うーーーむ。

 コンポジットしようがしまいが、あまり変わらないような。でも、星雲の部分を拡大すると違いが出てくるのではありますが。

 それよりも何よりも。ついでに3年前に買った「E-PL3」で、ISO 3200 1秒露出で撮ったみたら……。こっちの方が発色もいいし、星雲の広がりも大きいような…………。やっぱり露出時間の大きさは、ISO感度の大きさとはと意味が違いますねぇ。

 

ISO 12800 1/4秒露出 
M42のコンポジット前の画像。これも20枚撮影。 

20枚コンポジット。うひゃー、あまり変わらない。 
星雲の部分を拡大すると違いがちょっとはわかるのですが……。 


 

無駄な抵抗。中心部を拡大してみました。 
粒子の荒れが目立つだけかなぁ。 

E-PL3 ISO 3200 1秒露出 
カメラの取付方で、90°方向が変わりましたが。 

 ……………………、新しいカメラ買おうかな……\(--;)

 E-PL3の同じシリーズの最新版の「E-PL7」でも、ISO 25600対応だし、ライブビューの拡大も最大14倍で、これはピント合わせには好都合です。

 ちょっと方向性は違うけど、オリンパスさんも「星空フォトレシピ」なんていう冊子までだして、星の撮影に力を入れているようだし……。といって、カメラのハードウェアにどれだけ力を入れているのかは未知数ですが。


 なーーーんて考えながら、なんかいいものはないかとWebを物色していたらっ!

 「ソニーα7S」というとんでもないものが、去年(2014年)の5月に発売されていたんですね(さらにその上位機種が、この11月に発売)

 知らなかった(゜o゜;;

 なにがとんでもないというと、最大ISOが 409600!! 40万ですよ、ISO40万!

 さすがにソニーさん、無茶するなぁ。

 だけど、ノイズや発色を考えると、どれだけ使えるのかなんて考えてしまうけど。

 それでもいいなぁ、今年のペルセウス流星群の際に8等級の流星が撮れているということも書かれているし。これは、すごい

 これを見たら、E-PL7なんていうのは吹っ飛んでしまったぁ。

 とはいうものの、α7Sはデカいし、高いし……。

 ちょっと手が出しにくい。せめて、通常のミラーレスカメラの大きさに抑えて欲しかったなぁ。

 まあ、どこのメーカーでもいいから、このくらい強引なカメラを小型で安価で供給してくれないモノでしょうかねぇ(^^)v


 おっと、そうそう、閑話休題。

 M45、M42と撮ったところで、他になにかおもしろいモノは撮れないかと思ったら、そうそう、M45と同じ牡牛座にM1 カニ星雲があるんですよね。

 これが撮れないモノかと狙ってみたんですが……。なにも写ってない。

 どうも、M1の場所を間違えていたらしいです。情けない。

 また来月にでも挑戦してみます。

 Air A01じゃ、無理かなぁ。




Apl 01.2015

           Olympus Air A01

 カメラ買いました \(^^)/

 OLYMPUS PEN Lite E-PL3以来、3年ぶり。

 E-PL3にはこれといって不満はありませんでした。ということで、買い足し! ということは、併用!

 で、買ったのは、同じメーカーで Olympus Air A01 14-42mm EZレンズキット。E-PL3と同じマイクロフォーサーズ。

 そんなもの、なにが違うのかというと……。写真を見ていただくとわかるとおり。いえ、これはレンズじゃありません。

 

いつもの小さな三脚にお似合い。 
14-42mm EZレンズも小さくて、使いやすい。 

左からED 12mm F2.0 ED 40-150mm F4.0-5.6 
14-42mm EZ 付きの AirA01 手前に私のスマートフォン 

 まったくレンズのようなカメラです。当然、いわゆる一眼カメラ。レンズ交換もできます。

 一緒に写っているレンズは、これまでのE-PL3で使っていたレンズです。というか、大きい方はE-PL3のダブルズームの片割れです。もう一つは……、無駄遣いはいけない! といっていたのに、去年こっそり(?)買ってしまった M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0(^^ゞ あ、でも、ヤフオクで、つまり中古です。

 さて、こんなカメラなにがいいんだ! ということですが、………………………小さいでしょ。

 それだけか! というと、……それだけです(^^ゞ

 それどころか、今では当たり前に付いている手ぶれ補正機能も、さらには撮像センサーの超音波防塵機能も付いていない。もっと困ったことに……いや困らないけど、ファインダーとなるライブビューモニターも付いてない。

 いったい、なんでそんなモノを……。

 ライブビュー、これはスマートフォンで行います。当然、露出などの設定や、シャッターもです。ちなみに、シャッターボタンは本体にも付いているので、ファインダーなしでかまわず撮る! というときは、これで可能です。

 

100円ショップで買ってきた袋。 
ちょうどいい大きさ……とはいかなかったです(^^;) 

Air A01 スマートフォンをつけて使うことも。 
いやいや、キミはつけられないから……。 

 Wifi と Bluetooth でスマートフォンをつないで、ピント調整なども行います。つまり、普通のカメラに搭載されている操作類の大多数をスマートフォンでアプリケーションを操作してやっちゃうということ。その分、カメラが小さくなり、値段も安くなる。

 さらに、そのアプリケーションも「オープンプラットフォーム」ということで、ユーザーなどがつくることができるということ。……、いえ私にはできませんが……(^^;)

 そもそも (こういう言い方をするやつって、とっても怪しい……^^;)、 今のデジタルカメラがフィルムカメラと同じ形をしている必要はないじゃないか。大きさだって、使い方だって、もっと別のモノがあっていいはずではないか! (って、やっぱり怪しい私……^^;)

 同じようなカメラは、他のメーカー、ソニーやカシオ(ちょっと違うモノですが)からも出てますからね。これから、なかなか面白くなるかもしれません。

 それはともかく。

 私にとっては、小さいっつうことが一番(^^)v

 このカメラを上着のポケットに入れておいて、ねこを見たらさっと取り出して……、……スマートフォンも出して、アプリを立ち上げて、カメラとスマートフォンをWifiで繋げて、レンズが合わなければ別のレンズをカバンから取り出してカメラに取り付けて…………って、うーーん、面倒かぁ f^_^;)

 でも、カバンに入れておくにも小さいことはありがたいし、交換レンズもマイクロフォーサーズのレンズが小さいので、1本 2本入れておけるしね。

 使い方はユーザーが考える。ま、それでいいではないですか。

 私にとっては、カシオのQV−10(もう知っている人はいないだろうなぁ)以来、久々にわくわくするカメラです。

 冒頭にこのカメラは E-PL3 と併用……と書きましたが、数日使っているうちに、E-PL3 はあまり必要ではなくなってきたような……(^^;)


 

近くの土手ッ淵の桜がきれいだったので試し撮り 

150mm 手持ち。手ぶれ補正なくてもこのくらいは……、 
と思ったら、1/1600秒露出 これなら、手ぶれはないかぁ。 




Oct 16.2014

              皆既月食

 10月8日は皆既月食でしたねぇ。

 しかも、皆既の時間が19時半頃から20時半頃までととっても見やすい時間。こりゃ、見ない手はないですよねぇ。

 見る……つまり写真を撮る。ということで、少し前から準備をしようと思い……、いや、思っていただけですが。

 実際に準備したのは当日。

 ただ、昼のうちは晴れていたのですが、夕方になると雲が広がってきて、どうもあまり見えそうな感じがしない。

 ということで、準備にちょっと手を抜いて、月食写真を撮ってみました。

 あ、でも手を抜いた抜かないにかかわらず、結果に差が出たとは思えませんです……(^^;)

 じゃあ、手を抜いたのはどこかというと、天体の自動導入・自動追尾機能付き経緯台のSKYPODを使用するはずが、ただの手動式の経緯台ポルタを使用。……ね、あまり変わらないでしょ(^^ゞ

 まあ、撮影対象が明るい月ですから……(^^)/

 ということで、我が家のベランダ観測所から撮った皆既月食の写真を一枚。


望遠鏡:SKY90 D90mm F500mm  カメラ:E-PL3 直焦点 
撮影日時 : 2014:10:08 20:04:31 露出時間 : 1.00秒 ISO感度 : 800 

 ちょっと雲が出てたりしていたんですけど、皆既中はまずまずの天気でした。

 撮影にはいろいろ露出時間を変え、ISO感度を変え……などして撮ってはみましたが、結局、この一枚かなという程度。

 写真で見ると、まあ、こんなものかという感じですが、実際に肉眼出るとなんとも暗い。月食ってもっと明るかったような気がします。

 昔、家の近くの河原で撮った写真って、赤い風船玉のような感じでした。

 やっぱり、大気が汚れていて、その汚れた大気を通った光で月を照らしているせいなのでしょうかねぇ。




Aug 16.2014

               ThinkPad Yoga !

 パソコン、買いました。……わー、何年ぶりだろう。その昔は、2〜3年ごとに買い直し。元気な頃(?)は半年で買い直したり、大枚50万円も出して買ったり。

 それが、2008年の3月にThinkPad X61を買って6年もの間……、あいだ……、あ、5inchディスプレィの携帯パソコンは2台買ってるなぁ(^^ゞ

 気を取り直して、6年ぶりに主力パソコンを買い直しました。

 もう、ThinkPadシリーズのような高価なパソコンはいらないなぁ、持ち運びもしないだろうし……、なんて考えていたんですけど、結局、買ったのは「ThinkPad Yoga」

 なんだそりゃ Yogaっつうのは……、なんていうなかれ。一応、ThinkPadシリーズで、しかも、タッチパネルのディスプレィ! 高かったぁ(/_;) なんと、約17万5千円。256GBのSSD付きで、4年保証もつけているものでして。

 5inchディスプレィの携帯パソコンの2台もそうなんですが、タッチパネル式。もう、これでないと、どうも調子悪しです。X61でも、仕事場で使っていたパソコンでも、ヨメさんのパソコンでも、何かというと、「えい、これを……」と、思わず画面を突っついて、操作しようと……(^^ゞ

 圧倒的に便利……とはいませんが、どうも指が勝手に動いてしまうんですよね。もちろん、スマートホンも持っていますし。

 実は、購入したのは2ヶ月前。……あ、正確に言うと5月に予約して、6月のはじめに我が家に到着しました。

 それがなんで今頃……! 自慢か? ……ハイ(^^)/ というわけではなく。いえ、自慢ですけど、ディスプレィが高解像度 フルHDの 1920 x 1080。って、フルHDの意味はよくわかっとりませんのですが(^^ゞ

 で、なにが自慢かというと……というか、画面がきれいで明るくでいいんですけど……。……ねこだらけを作ってて、どうも掲載している画像が小さいなと……。今に始まったわけではないんですけど。

 というわけで画像を一回り、もしくは二回り(一と二でどれだけ違うんだ?)くらい大きくしようと思案中です。これをかいている時点では、まだ、どのくらいがいいか決めてません。

 (あまり大きくすると、あらが目立つしなぁ…………(^^; )

 で、新規パソコンということで、今までとの比較写真がこちら。


右がこれまでのX61、左がYoga。横幅が広くなりました。 
そして、上のケバケバしたのが……、いえ、やたらでかくなりました。 


 以下、自慢というより愚痴。

 Yoga……ヨガって読むんでしょうか。これまでのThinkPadはTシリーズやXシリーズなんていっていたのに、どうして? 確かに、ディスプレィが360度回転、つまり裏返っちゃったりするというので、インドのヨガ! にちなんでいるのかもしれないけど。

 ThinkPadシリーズらしくトラックポイントは残っているけど、手前のタッチパッドの方が多く使ってしまっている。なにしろ、手前にあるもので。ただし、このタッチパッド、右クリック、左クリックのメリハリがつきにくく、どうも使いにくい。その部分だけ独立しててくれればいいのに。

 最後に、HDDの交換。SSDを選んだわけですけど、容量が256GB。容量は十分なんですけど。でも、半分使っちゃうと、なんとも不安なわけで……(^^;)

 ということで、500GBくらいのに交換しちゃおうかなと思うのですが……。うーーん、これまでのThinkPadなら、筐体のビスを一個外すとHDDがポンと(音は立てませんが)取り出せました。でも、このYogaさんは、筐体裏側のビスをいくつか外して、筐体パネルを外さないと取り出せません。

 それでも、昔買ったパナソニックのLet's noteと比べれば雲泥の差、月とすっぽん、のれんに腕押し、ぬかに釘…………って、関係ないのが混じった。

 まあ、筐体自体が薄いからしょうがないのかもしれませんが。

 ThinkPadと名乗って入るけど、これはもうThinkPadじゃないのかもしれませんね。次買うときは、もうThinkPadはあきらめましょうかねぇ。…………って、次って6年後かぁ。





   私のホームページ作成の環境


 パソコン        :ThinkPad Yoga
                  (Core i7-4600U 2.10GHz, 4MB, 1600MHz/256GB SSD)
 ブラウザ        :Google Chrome
 画像作成ソフト     :PaintShopPro Ver7
 その他         :秀丸エディター
 デジタルカメラ     :OLYMPUS PEN Lite E-PL3




Sep 16.2006

 相互リンクについてのお詫び

 ねこだらけのホームページをご覧いただきありがとうございます。

 このホームページを作った当初は相互リンクなんて考えもつかなかったのですが、私のNiftyserve時代からのパソコン通信仲間がホームページを開いたので、そこにリンクを張らせていただきました。さらに、私どものよく行く、ペンションにまでも。

 その後、数年前になりますが、何人かの方から相互リンクを張りましょうというメールをいただき、さっそくリンクを張らせていただきました。けど、すでにリンクがきれてしまったので、削除させていただきましたが。

 昨年になりますか。また、相互リンクを張りましょうというメールをいただき、また、私も喜んではらせていただきました。

 それから、なぜか多くの方から相互リンクのメールをいただきまして、こんなうれしいことはないので、どんどんはらせていただきました。

 ところがこの9月になって、突然、かなり多くのメールをいただき、最初のうちはいままでどおり、こちらからもリンクを張らせていただきますというメールを送っていたのですが、さすがに収拾がつかなくなりまして……。

 一応、私もこれで一介のサラリーマンでして、これがまた悪いことにこの夏から人事異動で、ちょっとやっかいな部署に行きまして、ホームページの更新も、なかなかやりにくくなってきました。

 ご覧の通り、ホームページのアップデートも、うっかり忘れてしまうくらい……って、これは前からでしたか……(^^;)

 すでに何人かの方にはお断りのメールを出しております。

 せっかくメールをいただきながら、本当に申し訳なく思っている次第ですが、「リンクを張ります」といっておいて張らなかったりするという、もっと失礼なことになったりする事態になったら、もっとご迷惑をおかけしてしまうと思ったからです。

 いや、ひょっとして、もうすでにそういう事態になっているのではないかと、ちょっと不安な気持ちになっていますのですが……。

 ということで、誠に勝手なことではありますが、これからはこちらからリンクを張らせていただくのは、ねこを主体としたホームページ様ということにさせていただきます。

 引き続き、ねこだらけのホームページをよろしくお願いいたします。




 
BACK