能 書 き


 このホームページは、夫婦で作ってます。

 デジカメで、あっちゃこっちゃのねこを撮りまくろうと思っているんですけど、なかなか難しいものですね。




May 16.2018

             BORG 107FL望遠レンズセット 購入!

 新しいカメラを買った後でさらに天体望遠鏡を、10年ほど使った「タカハシSKY90」から「BORG 107FL望遠レンズセット」を購入して、さらに天体写真撮影にいそしもうとしております。

 やっぱり、このところ一緒に星見をしてくれている(そんなつもりはないかも?)高校生たちに刺激を受けて、カメラだけじゃなく、望遠レンズ&望遠鏡も性能アップしてみたくなってしまったということです。

 じゃ、「タカハシSKY90」から「BORG 107FL」で、どれだけ性能アップしたか。…………うーーん、口径は90mmから107mmに変わり、焦点距離は500mmから600mmに変わり……。ざっくりいうと、性能的にはあまり代わり映えしないともいえますか? (^^;)

 ただ、主レンズはそれなりに新しい設計ということでよくなっているのでは……、とタカハシの知り合いにはとても聞けないことですが(^^ゞ

 でも、ちょっと軽くなった(^^)v 軽くなったのは1.2kgほどですが。でも、私のようなヤワな架台しか持ってないモノにとっては、これは大きいことです。

 さらに、いろいろ工夫をしてます。

 なんとか人の持っているの赤道儀に載せるようにならないかとか……、これを寄生虫方式といいますが……( ^o^)ノ

 買ってきたまま使うなんていうわけでなく、さらに使いやすくできないか! ということで、いろんなことをしてます。それがまた楽しい。

BORG 107FL望遠レンズセット一式 そもそもがいろんな部品で構成されているんですね。 
右奥の筒っぽが、レンズ本体。その左が M75ヘリコイド。これでお値段のほとんど。 


上の購入部品と他に購入した部品などを組み合わせて、最終的に……いや、今のところ、 
このような構成で仕上げてみました。まだまだ、工夫がいりますねぇ。 

 いろいろ構成部品を並べてみましたが、結局今のところ使わない部品が、数の上では半数\(--;)

 特にメーカー売りの大型ヘリコイド。これを取っ払いました。だってピントが出ないんだもん。もちろん、この大型ヘリコイドが悪いわけではなく、いろいろやってみて、なくてもいけることになったからです。

 大型ヘリコイドを取っ払い、さらに最初の写真の奥の左から2番目の筒、70mmカーボン鏡筒といってますが、これをもっと長い120mmのものに取り替えました。

 ヘリコイドがないとピント調整は? ということですが、同じ写真左奥のカーボンドロチューブユニットで粗調整をします。

フリップミラー! 写真真ん中の四角い箱、この中に可動式のミラーが入っていて、 
レンズからの光を直角に曲げてアイピース側に。もしくは跳ね上げてカメラ側に。 

 このフリップミラーを使いたくて大型ヘリコイドをやめたのですが、その分SKY90でも使っていたアイピース用のヘリコイドと、カメラ用のヘリコイドの2つのヘリコイドで、細かいピントを合わせるようにしました。

 実は付属の大型ヘリコイド、悪くはないんですが、大きすぎて動かすときに力がいる。しかも手元からちょっと離れたところにあり、小さいヘリコイドの方が微調整には向いているかも知れません。

 さらに、その他の細かい部品もイマイチ使いこなせず、別のものに変えてしまいました。その分費用がかかりましたです(^^ゞ

 おっと、アイピースはアマゾンで売っていた2千円也の40mm。安いモノでちょっと不安でしたが、けっこうよく見える。なにしろ、15倍ですから。つまり、2番目の写真で見える鏡筒の上に乗っかっている XYスポットファインダー、これが1倍で星を探し、さらに本体のレンズをファインダー代わりの15倍で、視野の真ん中に入れる、なんていうことを目論んでいます。

 というモノの、今の時点で、まだ星を見てません。なにしろ、本当に今年は天気が悪く、晴れた日は風が強くて、せっかく買った望遠鏡なのに、なかなか星を見ようという気になれてません。

 まあ、先は長いんで、この望遠鏡セットをぐんま天文台の赤道儀に載せる。はたまた、南アルプスにある仲間と共に作った観測所の赤道儀に載せて、星を撮影したいと思ってます。

 もちろん、ぐんま天文台にも、南アルプスの観測所にも、もっと性能のいい望遠鏡(口径が大きい、焦点距離が長いなどなど)がありますが、とりあえず私の実力の範囲でやってみようということ。

 背伸びしても、あまりいい結果が得られないモノですからね。

 今年の夏は、楽しみだなぁヘ(^o^)/



Apl 01.2018              さっそくの天体写真

 おニューのカメラでさっそく天体写真を撮ってきました。

 撮りに行った先は、昨年の暮れと同じぐんま天文台。一緒に行ったメンバーは前回とほぼ同じ、私の出身校の生徒さんと顧問の先生、そして高校のときの同級生の友人。

 昨年の釣果?に味をしめてのことです(^^)v

 やはり、使いなれていない望遠鏡でも一度使うとそれなりに使い方がわかるもので、今回はドンドン写真撮影を進めようと目論んでいたのですが。

 一緒に行った高校生もカメラを持参しているの撮りたい! というので、「うん、じゃあ、こうしてこうして、こうやって」なんて太っ腹のところを見せて、望遠鏡にカメラをセットする方法を伝授。さらに撮りたい天体を望遠鏡に導入してあげて、何枚か撮影。

 撮影状況を確認して「ほお、なかなかいいじゃん」

 なーーーんていっているうちに自分でも撮りたくなって、「ちょっと借りていいぃ?」……(^^ゞ

 で、自分のカメラを望遠鏡にセットしていると、

「150cmの望遠鏡を見に行ってきたいんですけど、いいですか?」

「え、あ、いいよ、いってきな、いってきな」

 ということで、これ幸い、渡りに船、鬼の居ぬ間の…………バキッ!!☆/(x_x)

 なにしろこの天文台、望遠鏡を借りられる時間が夜の10時までで、しかも3月ともなるとさすがに夜になるのが遅くなって7時過ぎくらいにならないと、星雲星団を撮ることができません。

 なおかつ、他の生徒さんもカメラの使い方がわからないということで、いろいろ見てあげたりで、なかなか一筋縄ではいかない状況でした(^^;) ま、いいんですけどね。

 それでも、M65とM66、M91と撮り進み、本日の命題だったM42の試し撮りもして、さらに帰ってきた高校生にM51を撮らせた後、自分でも同じM51撮っているうちに終了の音楽が鳴る始末。ああ、忙しかった。

 ということで、どの程度のモノが撮れたか。

 まずはM65とM66。カメラのモニターで撮れ具合確認したら、二つの星雲がちょっと端になってたのですが、反対の端にNGC3628が写ってました。

 あぁはは(^^;)これでいいか。3星雲をもうちょっと真ん中にしたいけど、そんなことしてると時間がなくなる……(高校生が帰ってきちゃう\(--;))

 ということで、そのまま5枚、撮り続けました。

 次にM91フクロウ星雲を。これは対象がさすがに9等級と暗いので、10枚。

 さらに、新しいカメラの売りである高感度が本当に実用に耐えるのか試してみるのが、今回の最大の目的。そのため、ISOを三段階変えて、かつ露出はそれぞれの感度に対応した時間にして、撮影しました。

 ISO6400露出15秒、3200で露出30秒、1600を露出1分の三段階に変え、オリオン星雲を1枚ずつですが、撮りました。

 高校生が戻ってきたので、M51を視野に入れて、望遠鏡をお返しして……ヾ(^^;)

 そのまま、カメラを自分のものに付け替え、ピントを再度調整してM51を撮影してたら天文台終了のタイムアップ。3枚しか撮れませんでしたぁぁ。

 撮れた写真は、家に帰ってから画像処理。デジタルカメラは、これができるから便利ですね。

 撮れたそれぞれの写真をまずコンポジット、ま、専用のパソコンソフトで重ね合わせですね。

 つぎにヒストグラム補正。「ヒストグラム補正が天体写真を制す」という、私の師匠のありがたーーいお言葉に従い、でも、補正は軽めにね。素人が力一杯やっちゃうと、何が何だかわからなくなるものですから……(^^;)

右上M65、右下M66 で、左の上うっすらが NGC3628、こりゃ3点セットですね。 
やっぱり、横着しないで視野の真ん中に入れたかったなぁ。 
撮影日時 : 2018:03:17 19:53〜20:03 5枚コンポジット 


M91フクロウ星雲 フクロウの目が縦になっちゃった。もう少し露出時間が必要かな。 
撮影日時 : 2018:03:17 20:34〜20:57 10枚コンポジット 


M51子持ち星雲 私の星仲間のものすごい写真を見せられているので自慢のしようがありませんが。 
撮影日時 : 2018:03:17 21:42〜21:46 3枚コンポジット 


 

ISO6400 露出15秒 

ISO3200 露出30秒 

ISO1600 露出60秒 

 粒子の荒れを比較するため、撮影したM42オリオン星雲の中心部を拡大してみました。

 写真の右真ん中付近にトラベジウム四つ星が……わかりにくいかな(^^;)

 やはりISO6400だと粒子の荒れがわかりますが、実用に耐えるかどうかは気の持ちよう?



 いずれの写真も撮影機材は、望遠鏡:タカハシFCT150直焦、赤道儀:タカハシEM2500 と、とんでもない機材。しかも、FCT150は贅沢にも写真用ではなく、眼視用。それに無理矢理カメラをくっつけて撮りました。

 カメラはもちろん、発売されたばかり、買ったばかりのオリンパスE-PL9。

 ところで、私自身、春に天体写真を撮ることが少ないんですよね。だいたいは夏から秋にかけて。

 だから、春に撮れる星雲星団ってあまりよく知らないんです。

 もうちょっと勉強せねば……(^^)v

 



May 16.2018

             またまた、新しいカメラ買いました(^^ゞ

 前回の能書きで、皆既日食撮ってもっと新しいカメラならよく写るなんてことを書きましたが。

 昨年、私の使っているカメラメーカーオリンパスから、かなり高性能な機種がでました。

 で、私の欲しいオリンパスの女子カメシリーズ(^^;)で性能のアップした新しいものは、たぶんもう1〜2年先でないと出ないだろう……って、某カメラ量販店の店頭で聞いていたんです。

 ところが、2月の初めに発表があって、3月の9日発売ということを知って、即予約してしまいました(^o^)

 買ったのは、オリンパスの E-PL9。それまで私の持っていたカメラは、E-PL7。1年9ヶ月ほど使ったのですが。

 なんでそんなにあわてて新しいカメラを買ったのかというと。

 それはやはり、星撮りのため。昨年撮ったオリオン星雲など、もうちょっと写し込みたかった。つまり、露出を長くして撮れば、もっとしっかり写ったかなということです。

 露出長くしたいなら、露出時間長くして撮ればいいじゃないか。というのはそのとおりなんです。

 そこが、すぼらな私。感度のよいカメラで撮れば露出時間を長くしたのと同じこと。だから、カメラメーカーさんの技術力向上を待って、感度のよいカメラの登場を期待していたんです。

 もちろん、ものすごい感度のカメラは、すでに発売されています。でも、感度を上げると、どうしてもノイズが出る、粒子が荒れる、見た目が美しくない……なーーんてことになるんです。

 ところが、昨年出た オリンパスOM-D E-M10 Mark IIIは ……長い\(--;) 高い感度でも、ノイズが出ない……少ない? ということでした。

 それ買っちゃおうかなぁ……なんて思ってもいたんですが、どうもあの三角頭のヤツは嫌いで……( ^o^)ノ

 今時ペンタプリズムじゃないでしょお。もちろん、そんなもん三角頭の中には入ってないことは知ってますが。え゛、入ってるの。まさかねぇ。ま、どうでもいいんですが。

 なにしろ感度がいいと、露出時間が短くできる。10分露出が、5分とか、3分とか。

 コンポジットの話しとか、ノイズリダクションの話しが頭をよぎったのですが、ここではその説明は省きます。私の説明だと、たぶん間違いの可能性が……(^^ゞ

 そう、今回 E-PL7を E-PL9に買い換えたのは、感度がよくなったからだけのためです。

 通常撮影だと E-PL7では ISO1600 までの設定だったのですが、E-PL9では ISO6400 に。つまり、4倍の性能アップに! そこまで、アップしても画質が落ちない、ということだそうです。

 実際は 星撮影で私は E-PL7のとき(その前の機種でも) つISO3200で撮してました。ということは、E-PL9 はISO12800 で撮す…………?

 うーーーーーーーーーん、やはり、これを買う直前に、某カメラ量販店で話しを聞いたら、さすがに厳しそうな感じでしたが(^^;)

 でも、ものは試しですから。いろいろ試してみたいですね。

 ISO3200で撮って、E-PL7の画像との比較。ISO6400では? はたまた、ISO12800、ISO25400では?

 E-PL7でも撮ってみましたが、さすがにISO12800以上の画像はボロボロでしたからね。

 ハア、いいオモチャが手に入ったなぁヘ(^o^)/

 

カメラの箱も小さくなって、左右の長さは18.5cmほど。 
昔のコンデジでも、箱はこの倍はありましたからね。 

似たようなもんですね。当然ですが、右が新しいE-PL9、 
左がE-PL7。どちらも買ったのはボディだけで、レンズは別 


 

左から古い順に。だいぶ古くなったなぁ。 
カメラのようには取り替えがきかない\(--;) 




   私のホームページ作成の環境


 パソコン        :ThinkPad Yoga
                  (Core i7-4600U 2.10GHz, 4MB, 1600MHz/256GB SSD)
 ブラウザ        :Google Chrome
 画像作成ソフト     :PaintShopPro 2018
 その他         :秀丸エディター
 デジタルカメラ     :OLYMPUS A01
             :OLYMPUS PEN Lite E-PL9




Feb 01.2018              皆既月食 再び

 1月31日は皆既月食でしたね。4年前の皆既月食よりも皆既の時間が長くて、しかも中天高くで見られるということでの好条件でしたが。一週間前からの天気予報では、雨や雪とはでないモノの、どうもあまり晴れそうもなく、せいぜい雲のまにまに見える程度とのことでした。

 私もあまり期待してないで、夜7時頃、曇っててダメだろうなぁと思いつつ、窓のカーテンを開けて東の空を見たら。満月が皎皎と!

 こりゃイカンと、しょうがないので……バキッ!!☆/(x_x) 、いつものベランダ観測所にカメラを取り付けた望遠鏡を引っ張り出しました。ま、今回も赤道儀はいらないよなと、またまたポルタ経緯台でなんとか写真を撮ろることにしました。

 去年からではありますが今年の冬はやたら寒いので、とりあえず満月の写真を一枚撮って、暖かい部屋にこもって食の時間を待つことにしました。

 空の天気の状況とか、月食の進み具合は、なんとも便利なことにテレビのニュースなどで月食の進行を中継してくれるので、それを見ながらです。

 皆既前の月も何枚か撮りましたが……、あまり面白いモノではなく\(--;)

 9時50分頃に皆既になるということで…………。

 もうちょっと正確には9時48分で、テレビを見ていたら、カウントダウンもしそうな勢いだったのですが、さすがにやめたみたい。だって、日食じゃないんだから、どこから皆既が始まったかなんて、見ていてはっきりわかるもんじゃないですからね。

 ということで、皆既月食の写真撮影開始。

 え? 露出はどのくらいかなぁ。ISOは200? 400? やっぱり800にしといた方がいいか。ISO800、ウソ八百  バッキン ボッキン!!☆/(x_x)☆

 露出時間は1秒でいいかな? もうちょっと短くとか、長くとかも撮ってみましたが。

望遠鏡:SKY90 D90mm F500mm  カメラ:E-PL7 直焦点 
撮影日時 : 2018:01:31 20:30 露出時間 : 1.00秒 ISO感度 : 800 

 食の最大が22時30分頃。で、何枚か撮って、撤収(^^ゞ 寒いんだもん。これ以上あまり変化なさそうなんだもん。撮った写真、自慢げに友達に送ってみたいんだもん ヘ(^o^)/

 で!

 ふと気が付いたんですが。いや、撮っている最中から気になっていたんですが。

 月の斜め上に星が映ってる。

 まさかねぇ。1秒露出で?

 ウソ800? いや、イソ八百で?

 ゴミが映った? カメラの撮像素子のエラー? 懐かしのUFO?

 撤収後、パソコンに写真を取り込み、星座ソフトで確認してみると!

 たしかに、月の左斜め上に映っているのはカニ座の6等星。星座ソフトには、カメラの視野内にもうちょっとくらい星もあったのですが、パソコン画面のホコリが目立つだけで(^^;) 特になにも見えません。

 そこで、得意の画像処理!

 なにしろ、「ねこだらけ」で画像処理の磨いた技です。

 いなかったねこだって、ほらあたかもそこにいるように…………バキッ!!☆/(x_x)ボキッ☆ (今回は、この絵文字が多いなぁ)

 で、ガンマ補正? 明るさ/コントラスト調整? やっぱり、ヒストグラム補正?

 と、結局ヒストグラム補正が一番見やすく、チョイチョイといじって、このとおり。

上の写真でヒストグラム補正をしたもの。けっこうプチプチ映ってますよねぇ。 

 星座ソフトで確認できるのは9等星までで、それ以上に星が映っていました。

 いったい何等級まで映っているんでしょうねぇ。

 ISO800 露出1秒で、これだけ映るんですねぇ。

 4年前に発売されたカメラですけど、 どんどん性能がアップしてるんですねぇ。

 ってことは、去年発売されたカメラを買えば…………………………( ^o^;)ノわぁぁぁ




Jan 01.2018

 一年半ぶりの能書き! 足かけ2年ぶりの星の写真 (--;)

 せっかく買ったE-PL7も、なかなか出番なしでした。それでも、一昨年の夏と冬には、星撮りを試みたんですが、とても人様にお見せできる写真がなかったもので。

 しかも、昨年はどうも天気の状況がよくなくて。

 普通、冬は天気が安定していて、我が家のベランダ観測所からでも星撮りなんかをするんですが、なにしろ天気が悪い。晴れた! という日は風が強くて、とても星撮りのできるような感じではない。なにしろ望遠鏡を載せている赤道儀がヤワなので、風に影響をもろに受けてしまう。

 昨年ですが、ホント春は晴れなかったし、夏も曇りや雨の日が日が多かったですね。

 あ、あえて説明しますが、星見屋の晴れというのは雲のほとんどない晴天。雲量でいうとせめて「3」くらいかな。薄雲があってもダメ。なおかつ、新月の前後一週間程度。

 ピーカン! といっても、満月の頃では、晴れているかどうかなんて確かめることもしませんですから。でも、満月が出ていると、ちょっとうれしかったりしますが……(^^)v

 そんな中、私の卒業した高校の現在の天文部の顧問の先生に教えていただいたんですが、「ぐんま天文台」 こちらの望遠鏡を借りることができるということを教えていただきました。

 ネットで「ぐんま天文台」を調べてみると、なるほど、とんでもなくすばらしい望遠鏡を貸し出している。……えっと、150cm望遠鏡 65cm望遠鏡……なんていうのもありますが、さすがにこれは……、借りられたとしても、ムリムリ。無論、これらはほぼ研究用だそうです。

 それでも我々が借りられる望遠鏡は、とてもすばらしいしもの。まさか個人で買うなんていうことは……、でも、そういう人もいるんだろうなぁ。

 ということで、12月の新月間近の土曜日、友人と、さらにその高校の先生と生徒さんたちと、行ってきました。

 ま、天文台にはそれ以前に何度か行って、観望や試しの固定撮影なんかしてきたりはしてたんですが。今回はしっかりと「観測体験時間(観測機器貸切)」なんていうことで、お借りした望遠鏡を堪能してきました。

 そこで撮れた写真は!

 

M42オリオン星雲。これだけ映れば、画像処理はいらんです。 
使用した望遠鏡は FCT150 (15cm屈折式 F7)  カメラ Olympus E-PL7  
直焦点撮影 ISO 3200 露出時間30秒  以下同じ(^^ゞ 

 こーーーーんな写真が、簡単に撮れちゃうんですよぉ。ずるいよヾ(^^;)

 30秒露出ですよ。静止撮影かっ! ていうくらい、お手軽な感じです。

 実際は、30秒露出で何枚か撮ってコンポジット(合成)したんですが、コンポジットしてもしなくてもあまり変わらないので、1枚分だけのを載せました。

 ハァァァ、 仕事は道具。星は金次第……バキッ!!☆/(x_x)

 ただ、この日は晴れて入るものの、雲が流れていて、思うように星撮りができなかったんですね。

 しかもこのぐんま天文台での観測体験時間は18時から22時までで、観測開始の頃はまだ、オリオン座の上がってきていません。

 その前にも、他の天体の写真を撮ろうとしていたのですが、やはり雲がかかったりして、結局撮りやすいアンドロメダやスバルなど。でも、スバルは視野からはみ出ちゃうので、なにかないかと考えて、カニ星雲なども撮ってみました。

 

M31アンドロメダ星雲。なにも補正しないとこんなモノ。 
中心部と、画面左上に伴星雲のM32。 

5枚コンポジットと、ヒストグラムで補正。 
アンドロメダ星雲らしくなりました。 


 

M1カニ星雲。さすがに上の2つと比べると暗い。 
真ん中にボワーッと。いくらなんでも露出30秒じゃねぇ。 

こちらは10枚コンポジットと、ヒストグラム補正。 
試しに撮ってみた! というには、スゴすぎる。 


 いずれも、オリオン星雲と同じ30秒露出! なんと横着な私(^^ゞ

 でも、さすがに1枚だと貧弱なので何枚か撮ったモノをコンポジットして。さらに、チョチョッと画像処理としてヒストグラム補正を実行。

 どちらも、もうちょっと露出時間を長くとりたかったですね。

 なにしろ、私の天文人生で、これほどの写真を撮ったのは初めてです。

 味を占めたので、また、今年も行きます、ぐんま天文台。

 おっと、でも誤解なきよう。

 簡単に撮れた! とはいいましたが、まず、この望遠鏡を借りるためには、天文台の厳しい講習会を受けなければなりません。

 その講習会で、私の受けたときの合格率たるや! 全員合格……。ま、私が受かるんですから。

 それにしても、この望遠鏡と赤道儀の威力たるや、恐ろしい、いや、すばらしい(^^)/




Sep 16.2006

 相互リンクについてのお詫び

 ねこだらけのホームページをご覧いただきありがとうございます。

 このホームページを作った当初は相互リンクなんて考えもつかなかったのですが、私のNiftyserve時代からのパソコン通信仲間がホームページを開いたので、そこにリンクを張らせていただきました。さらに、私どものよく行く、ペンションにまでも。

 その後、数年前になりますが、何人かの方から相互リンクを張りましょうというメールをいただき、さっそくリンクを張らせていただきました。けど、すでにリンクがきれてしまったので、削除させていただきましたが。

 昨年になりますか。また、相互リンクを張りましょうというメールをいただき、また、私も喜んではらせていただきました。

 それから、なぜか多くの方から相互リンクのメールをいただきまして、こんなうれしいことはないので、どんどんはらせていただきました。

 ところがこの9月になって、突然、かなり多くのメールをいただき、最初のうちはいままでどおり、こちらからもリンクを張らせていただきますというメールを送っていたのですが、さすがに収拾がつかなくなりまして……。

 一応、私もこれで一介のサラリーマンでして、これがまた悪いことにこの夏から人事異動で、ちょっとやっかいな部署に行きまして、ホームページの更新も、なかなかやりにくくなってきました。

 ご覧の通り、ホームページのアップデートも、うっかり忘れてしまうくらい……って、これは前からでしたか……(^^;)

 すでに何人かの方にはお断りのメールを出しております。

 せっかくメールをいただきながら、本当に申し訳なく思っている次第ですが、「リンクを張ります」といっておいて張らなかったりするという、もっと失礼なことになったりする事態になったら、もっとご迷惑をおかけしてしまうと思ったからです。

 いや、ひょっとして、もうすでにそういう事態になっているのではないかと、ちょっと不安な気持ちになっていますのですが……。

 ということで、誠に勝手なことではありますが、これからはこちらからリンクを張らせていただくのは、ねこを主体としたホームページ様ということにさせていただきます。

 引き続き、ねこだらけのホームページをよろしくお願いいたします。




 
BACK